テーブルとイス

  • 投稿日:2015年 8月24日
  • テーマ:

将来の子供たちが夢や幸せを持てる地球環境を遺すため
私たちは、関わる全ての人が幸せを感じる会社を作ります。

こんにちは 
むくむくはうす世田谷の橘ゆかりです。
むくむくはうす世田谷では 「環境に優しい」から 
「環境に正しい」住まいつくりをご提案いたします。

秋のおとずれが近づく予感が 夜の涼しい風に
感じられる季節となりました。
ショールームでは、モンキーポッドのテーブルと
タモの木の椅子が入り、とても素敵になりました
自然塗料が塗られている為、ひとつ、ひとつを大事に
扱う事が、物を大事にエコで暮らす事につながると
思います。
人にも物にも 心があります。 相手の良い所を常に理解して
受け止めて尊重しながらの生活は 素敵なライフスタイルになると
信じています。
082408.jpg082409.jpg082410.jpg
環境に正しい自然素材をしようしたココロ、カラダに優しい空間
地下資源だけでなく、地上資源を活用し自然エネルギーを確認する
また、できるだけ自然の恵みを利用できる設計プラン
季節とその土地、風土にあった住まいのご提案をしていく。

一般社団法人環境循環型住宅推進協議会に加盟しています。

日中共同制作 「純愛」 
ひとつの映画で世界をつなぐ
「国際交流」映画プロジェクト活動を応援しています。


日本初!スウェーデンの国際的企業も認める住宅の環境認定制度 「むくむく環境ラベル」

  • 投稿日:2015年 8月24日
  • テーマ: その他

将来の子供たちが夢や幸せを持てる地球環境を遺すため
私たちは、関わる全ての人が幸せを感じる会社を作ります。


こんにちは。世田谷で中古住宅・団地・マンションのリノベーション、
自然素材を使った新築・注文住宅を建てるなら、
環境に正しい循環可能住宅を建てるブランド
むくむくはうす世田谷の望月です。

少し前ですが、むくむくはうすとしてもビックニュースがありました。
住宅関連企業向けに、むくむくはうすの事業説明会を行っています。
なぜか?日本中に環境に正しい住宅を増やしたいからですね!

さて、5月にスウェーデン大使館で行った「サステナブル住宅フォーラム」にて、そのニュースは発表されたんです。

kouen01.jpg

「むくむく環境ラベル」認定 環境循環型住宅推進協


 環境循環型住宅推進協議会(神奈川県川崎市)は、住宅の環境性能を評価する新制度「むくむく環境ラベル認定」を開始した。

 同制度は、省エネや環境負荷、健康への配慮といった住宅の性能だけでなく、メンテナンス性や湿度温度の快適さなどの住まい方も含めて数値化し、環境性能を評価する。

  全部で約60項目を設け、加点方式で評価する。例えば、建材をリサイクル、リユースすると2点、自然に還元できない建材の使用を減らすと1点加 点。満点は140点。総合評価は獲得点数に応じて5つのレベルに分かれ、低いレベルの評価でならば、比較的容易に認定が受けられる。9月には第1号を認定 する予定。

 制度の基準には、スウェーデンの「SWANラベル」、国交省の建築環境総合性能評価システム「CASBEE」、EUの有害化 学物質規制 「REACH」の基準を採用。また、スウェーデン最大手の環境コンサルティング会社WSPのローベルト・アブ・ヴェッテルステッド氏の監修を受けており、 同社の認定も同時に受けられる。

 「今後は、環境に配慮した新築・リフォームの住宅ブランド『むくむくはうす(R)』とともに同制度を普及させていきたい」(阿部悌二代表理事)
(出典:リフォーム産業新聞 1175号 (2015/07/07発行) 4面)


これは、業界新聞にその時に取り上げられた記事ですが、平たく言えば

世界基準での環境ラベル認定制度が日本にもできました!

という話ですね!

その認定を行うのは、スウェーデン最大手の環境コンサルティング会社のWSP社です。
WSP社は、EUでの環境ラベル基準を作っている企業で、ノーベル賞授与式が行われる、ストックホルムのスタッドフーセット市庁舎の改修などを行っている企業です!


環境に正しい住宅を日本中に増やすために、この環境ラベルが付与された住宅をむくむくはうすとしても増やしていきますね!

そんなむくむくはうすに興味を持ってくださったあなた。
ありがとうございます。
まずはむくむくはうすのことを知ってください。



↓資料請求は下記から!

seikyu01.jpg


お問い合わせはこちらから

むくむくはうす世田谷 中古住宅 マンションリノベーション

中古住宅リノベーションのメリット・デメリット


将来の子供たちが夢や幸せを持てる地球環境を遺すため
私たちは、関わる全ての人が幸せを感じる会社を作ります。

こんにちは。世田谷で中古住宅・団地・マンションのリノベーション、
自然素材を使った新築・注文住宅を建てるなら、
環境に正しい循環可能住宅を建てるブランド
むくむくはうす世田谷の望月です。

最近では「中古住宅を買ってリノベーション」
という話題を雑誌でもネットでもよく目にするようになりました。

renove01.jpg

なぜ、中古住宅が注目されてるのか?


日本には既存住宅で6000万戸以上。
人口減少なので、年々新たに建築される住宅の数は減少傾向にあります。
こうした中、国の政策でも中古住宅の流通を後押しする制度の整備を進めるなど、
追い風があり、事業者もリノベーションの技術向上やコストダウンに努力をしている関係で、
盛り上がりを見せているからですね!

では、後押ししている状況もわかったので、
具体的なメリットはなんなのでしょうか?

中古住宅の魅力(メリット)は?

何と言っても、新築より安い(エリアに寄りますし、物件の状況にもよります!)

比較するために統計を用います。
国が後押ししているので、国の統計を見てみましょう!
確認するのは、
国土交通省「平成24年度住宅市場動向調査」より、マイホーム購入者の資金総額の平均です。

注文住宅3614万円
分譲住宅3597万円
中古住宅2192万円

となっています。
これを見ると1000万以上低くなっていますね!!
ここに価格の魅力があるということです。
ただし、中古なので、設備を直す必要があります。
中古を買ったらリノベーションです。
こだわり方にもよりますが、私の経験から行くと600~800万程度でリフォームをされる方が多いと思います。
それでも新築の8割程度で手に入れられるとなると、メリットがありますよね。

renove02.png



他にも、

・立地がいい場所に予算にあった物件が見つかるかも
 住宅はいい立地から建てていくので、既存住宅が立地がいいのはわかりますよね。建てるエリアなどが限定される新築住宅などと違い、
 好立地での物件が見つかる可能性があります!

・自分の好みでアレンジできる
 新築住宅も注文住宅であればかなり自由度は高いですが、そうでない場合もあります。中古住宅では、自分が気になる部分をアレンジできることが多く、
 予算はありますが、優先順位を決めて好みに合ったアレンジを加えることが比較的容易です!




ただし、中古住宅気を付ける点(デメリット)は?

いいことばかりではやはりありませんよね。
中古住宅をリノベーションして購入、居住するうえでの注意点ももちろんあります。

・建物の状態によって改修費用が膨大にかかる場合も
 外見ではわからない建物の劣化が見つかった場合、瑕疵状況にもよりますが、費用が膨大にかかってしまう場合があります。
 気を付けなければならないのは、耐震、断熱、雨漏り、シロアリの被害が重要ですね。
 素人ではわからない部分はプロに見てもらい、安心して購入できるかどうかの判断をしてもらうことをお勧めしますよ!

・入居がすぐできない
 中古住宅+リノベーションなので、すぐに入居ができません。工事の段取りや引っ越しの段取りを十分計画したうえでやらなければ、
 ずれてしまって、大変!ということも起こりうる話です。やはり、工事実績がしっかりあって、プロと判断できる企業に相談したほうがいいですね!

やはり、年数がたっているものは、それなりのメンテナンスをする必要がありますよね。
新築は新しいものを作っているので、住んだ後のメンテナンスは必要になりますが、
住むときには新品です。

中古住宅リノベーションのまとめ

メリット・デメリットが中古住宅にはありますが、
一番重要なのは、貴方が「どんな楽しい生活をその家で送るか?」です。
お金は大事ですが、まず自分がしたい生活を整理することが重要だと思います。
物件探しからしてみるのもいいですが、経験豊富な住宅のプロに相談しながら、勉強しながら
一生住む家を探してみてはいかがでしょうか?
よろしければ、むくむくはうすにご相談くださいね!



お問い合わせはこちらから

むくむくはうす世田谷 中古住宅 マンションリノベーション


  • 世田谷 中古住宅 マンションリノベーション