• HOME
  • ブログ
  • 無垢の木のぬくもりを生かすウッドチップ壁紙

無垢の木のぬくもりを生かすウッドチップ壁紙

  • 投稿日:2017年 4月24日
  • テーマ:


無垢の木を使った家づくりアドバイザー 望月 茂です。

日本で生産されている壁紙の70%~80%が塩化ビニールクロスです。
施工が比較的容易であったり、安価な価格 色柄などが豊富等の特徴が
広く業界に受け入れられクロスと言えば塩化ビニールクロスが常識になってきています。

ビニール製品には、合成樹種をやわらかくする、可塑剤が含まれています。
一般的に可塑剤には生殖毒性や発ガン性があるとも言われています。
また、ビニールクロスは燃焼焼却した場合、塩素ガスやダイオキシンのような
有毒ガスを大量に生成するため、火災時にはとても危険と言われています。
私たちがお勧めしている、壁紙の一つをご紹介します。
森の木からつくられる天然壁紙、オガファーザーNEWです。

ドイツ製オガファーザーNEW
無垢の木のぬくもりを生かすウッドチップ壁紙です。
オガファーザーは、森の木々を有効に利用してつくられる、体にやさしい天然壁紙です。
塗装用下地をそのまま使用することも可能です。何度でも塗装でメンテナンスでき、
ヨーロッパの住宅やホテルなど、あらゆる建物に180年以上前から使用されてます。
その特徴は
●お部屋をきれいにする。
 天然の木は調湿性を持ち、呼吸しているので適度な湿度ときれいな空気を保ちます。
●環境保全とコストのグッドバランス
 木の製材時の木クズと再生紙でできた壁紙ですので、資源を有効利用しています。
 塗り替え可能ですので、約20年以上そのまま使えるので、ランニングコストを抑えられます。
●安心の天然素材
 成分が木と紙だけですので、万一の時もガスが発生しません。
ougah_img01.jpg ougah_img03.jpg
ougah_img06.jpg DSC07231.jpg
ougah_img04.jpg DSC07252.jpg
DSC07254.jpg




  • 世田谷 中古住宅 マンションリノベーション