• HOME
  • ブログ
  • 子供室をオープンに自然素材で快適空間

子供室をオープンに自然素材で快適空間

  • 投稿日:2017年 6月26日
  • テーマ:


無垢の木を使った家づくりアドバイザー望月 茂です。

まだ小さいお子さんには、兄妹であっても、個室よりオープンスペースで生活してもらいたいと、ご希望されているご両親も多いと思います。

新築住宅を建築する場合、子供室は当初オープンスペースで、成長に伴い将来的に、壁や建具、収納で間仕切り出来る間取りを考えます。

リフォームの場合は、今までそれぞれ個室で使っていた間仕切りを撤去して、オープンスペースにしていきながら、収納も出来るだけ確保する工夫が必要です。

10年〜15年後また個室に戻せるそんなイメージをしながら、なるべく将来負担のかからない様に、ドアの位置も変更する必要がある場合もあります。

今まで収納でお互いのお部屋は仕切りがされていました。収納部分を撤去して、オープンにします。

間仕切りだった収納を撤去すると、天井も補修が必要になります。仕上がった時にここに収納があったとことがわからない程度になるように下地処理 ボード施工を行います。

天井、壁撤去部分は石膏ボードを貼っていきます。
1階にはご両親がお住まいです。遮音対策も必要になります。今回はユニコム建材の遮音マットを採用しました「循環する自然素材・ケナフのフェルト+アスファルト基材」で厚11㎜です。マンション等に採用する場合は、軽量床衝撃音LL-45をクリアできる性能があります。


床材は天然無垢ヒノキフローリングです。ヒノキ材はオリンピックの卓球選手のラケットにも
使われるほど、品質の安定性が高く、反撥力の良いことから採用されることも多いそうです。

ヒノキの特徴として、
●疲れにくい 
 適度な硬さと弾力性があり歩行感が良いため、疲れにくいと言われています。
 転倒時の衝撃吸収力もあり、家庭内事故の骨折につながりにくい素材です。
 また、インフルエンザや不眠などにもヒノキ効能が良いとの話もよく聞かれます。
●ストレスを和らげる
ヒノキのフローリングで暮らすと、人が心地良く感じた時に脳から出るα波が出やすく なる。それは森林浴(フィトンチッド)効果といわれ、ストレスホルモンが低下しリラックス することが明らかになっています。(森林総合研究所生活活性物質研究室 より抜粋)

 小学校の木造とRC造の校舎による実験でも、RC造の生徒達は情緒不安定
 木造の校舎の生徒は精神状態が安定している等の実験もあります。

(木材は環境と健康を守る 有馬孝禮著) ヒノキの床材はこれから成長される子供さんにとってとてもやさしい素材で、発達にも良い影響を与えそうです   

既存の収納間仕切りを取り払って、オープンスペースにしました。床は天然無垢の木曽ヒノキフローリング。
壁 天井は ウッドチップと再生紙の壁紙 オガファーザー NEW (ドイツ製)
オガファーザーNEWは一度張ってしまうと張替る必要がなく、ディプロン(天然水性 漆喰調塗料)を上から何度も塗り重ねてメンテナンスできます。

世田谷 自然素材で注文住宅・リノベーション
安心 快適  本物の健康住宅
自然素材に包まれた心地よいショール―ム

https://www.mukumukuhouse-setagaya.com


  • 世田谷 中古住宅 マンションリノベーション