無垢の木の収納

  • 投稿日:2017年 8月17日
  • テーマ:

無垢の木を使った家づくりアドバイザー

望月 茂です。

(株)ウッドワンは、新建材の他にも 無垢の木にこだわった商品を扱っているメーカー

でもあります。 http://www.woodone.co.jp/

以下 1部ウッドワンカタログから抜粋します。

ウッドワンが育てる木材は、ニュージーパインの大木を中心から切り落とし、仕上げた

無垢一本物。30数年を生き抜いてきた力強さが表情に現れた逸品です。

丸太を加工する際に、のこをどう挽くかによって、木肌に現れる木目の模様は異なって

きます。一般的に建具で使用する無垢材には、端正で落ち着いた表情が楽しめる「柾目

取り」のものが好まれます。ウッドワンは柾目取りの無垢一本物にこだわっています。

無垢材は3〜5年後の経年美化。木肌の淡い色合いが変化し、艶のある美しい「飴色」の

木肌を楽しむことができます。

収納物や量に合わせて自由に組み合わせられる、無垢材の表情が魅力のハコモノ。
これまでのアッパーキャビネット、ベースキャビネットに加えてミドルキャビネットが新登場。
お気に入りの空間に、ご家族が思い描く収納を作り上げていくことができます。


前回ご紹介した、ウッドチップ壁紙に天然塗料を塗ったお部屋に、今回このウッドワンのハコモノ収納を設置しました。

開き扉 たっぷりしまえて、上下分かれた収納スペースには、小物も単行本もすっきりと納まります。

カウンタ―、エンドパネル等現地で加工していきます。

カウンタ―タイプです。まずは、ベースキャビネットから取り付けていきます。

無垢ならではの味わいと、充分な収納力が魅力です。テレビ台やデスクになど幅広い用途

で使える収納です。

カウンタ―下には、後付けが可能な、封書や筆記具、電卓やタブレット等収納可能な、カウンター下薄引き出しを備えてあります。

今回グリーンの壁にあわせて、ミディアムブラウン色に塗装された無垢扉をお選びいただき

ました。扉材の無垢材は、ニュージパインです。

商品の中に ウォールナット オーク メープルの扉材もあります。

無垢材の扉は、自然の木の風合いを活かした形状になります。

各地域にウッドワンショールームもありますので、ぜひ確認してください。

世田谷 自然素材で注文住宅・リノベーション

安心 快適  本物の健康住宅

自然素材に包まれた心地よいショール―ム

https://www.mukumukuhouse-setagaya.com



やすらぎの空間、木々の呼吸と、やわらかな空気

  • 投稿日:2017年 8月17日
  • テーマ:

無垢の木を使った家づくりアドバイザー望月 茂です。

「ふつうのものでいいです。」というと、壁や天井に貼られるものは、通常ビニールクロスになります。
ビニールクロスは、塩ビクロスと言われるように、石油と合成された化学物質でつくられたもので、
自然に近い素材とは、かけ離れたものです。

海外や、以前の日本建築にはない素材で、今の日本独自の商品と言えます。紙や布の素材を使って、壁や天井に貼っていくという歴史の方がより長いのです。

10年〜15年で張替を想定して造られたビニールクロスは、素材がビニールですので、
静電気で空気中の塵やホコリを寄せ付けます。

何もしていないのに、天井の隅の部分や、家具等を置いていた裏側が、真っ黒く汚れてくるのは、そのためです。

また火災時に、熱分解されたビニールクロスは、
塩素ガスやダイオキシンのような有害なガスを発生する危険なもの。
また、 接着剤、防カビ剤などが原因でシックハウス症候群につながるとも言われています。

海外では、家そのものも何十年 何百年も使いつづけるという、ライフサイクルが根づいていますので、
使う素材も長持ちで、自分で手入れができるものといった考え方をしています。

今回カビや結露で悩んでいたリビングを、快適な自然素材と、2重窓(内窓)で、
調湿性と断熱性を兼ね備えたリビングにリフォームした事例をご紹介します。

今回お選び頂いたのは、ドイツ製オガファーザーNEW ウッドチップ壁紙です。
森の木々を有効に利用してつくられる、体にやさしい天然壁紙です。
ヨーロッパの住宅やホテルなど、あらゆる建物に180年以上前から使用されています。

下地処理を行ってオガファーザーを貼っていきます。

ウッドチップ壁紙は、塗装用下地材です。そのままでも使えますが、
何度でも塗装でメンテナンスできるのが特徴です。ビニールクロスに起こりやすい結露も軽減し、
カビの発生を抑えます。成分も木と紙だけですので、、万一の時にもガスを発生しません。

オガファーザーは、自然塗料「デュブロン」でペイントして何度でもメンテナンスできます。
デュブロンは、石灰を主成分とした、漆喰のような質感を持つ真っ白な天然の水性エマルションです。
ローラーでカンタンに施工でき、オガファーザーの呼吸を妨げず、清潔で健康な空間を保つことができます。
天然顔料「ウラ」を混ぜて調色も可能です。

今回は、グリーン緑のイメージで 天然顔料「ウラ」を混ぜて調色しました。養生をして、
顔料を混ぜて塗っていきます。

3時間〜4時間程で乾きますので、2度塗りをします。

少し濃い色は、色ムラを少なくするために、2度塗りが基本です。

次回は、塗り終わった壁に、ウッドワンの無垢扉の収納を設置しましたのでご紹介します。

世田谷 自然素材で注文住宅・リノベーション

安心 快適  本物の健康住宅

自然素材に包まれた心地よいショール―ム

https://www.mukumukuhouse-setagaya.com




  • 世田谷 中古住宅 マンションリノベーション