ウールブレス(羊毛断熱材)


むくむくはうす世田谷の望月です。
私たちが大切にしている家づくりのコンセプトは「一緒につくる楽しい家」
環境に正しく住まいながら楽しく暮らす、そんな家づくりです。

羊毛断熱材をご紹介します。
羊毛断熱材は、夏涼しく、冬暖かい、自然素材からできた安心の断熱材です。
㈱アイティエヌジャパンのHPより なぜウールなのか?選ばれる特性を抜粋
してみます。

〇 ウールは優れた断熱性能があります。繊維が縮れているために空気を蓄え
  ることができます。繊維組織内にある空気が外部の空気の進入を防ぎ、優
  れた断熱効果を発揮します。

〇 ウールは内部結露とも無縁 ウールブレスは、湿度が高くなると繊維内に
  湿気を吸収し、逆に湿度が低くなると空気中に放湿。湿度の高い日本の気
  候風土に柔軟に対応できる断熱材です。

〇 ウールはホルムアルデヒドを一切含みません。接着剤を使用せず、有害物
  質を含んでません。また、繊維内に化学物質を繊維内に吸着し、再放出し
  ません。天然素材の空気清浄機です。

その他にも、ウールは濡れても乾きが早い。
      ウールは耐久性の高い繊維。
      ウールは防音性に優れている。
      ウールは難燃性で燃えにくい。
      防虫剤は天然「岩塩」を使用
等他にない特性があることが紹介されております。

施工面でも、弾力性があるので、隙間などあらゆる箇所へ柔軟に施工できます。
手で触ってもチクチクしないので施工が快適で、端材も有効利用できる、廃棄物
を出さないエコな断熱材です。

築40年近く経過する木造の家屋です。床下には断熱材が入ってませんでした。
フローリングを貼る前に、しっかり羊毛断熱材を施工させていただきました。
底冷えしていたお部屋の床も今年は大丈夫です。
M様 岩槻01.jpg

M様 岩槻02.jpg




    





施工事例(リラックスできる癒しの空間)


むくむくはうす世田谷の望月です。
私たちが大切にしている家づくりのコンセプトは「一緒につくる楽しい家」
環境に正しく住まいながら楽しく暮らす、そんな家づくりです。

寝室で使っていた洋室をリフォームして、書斎にも使えて、親しい方が来られた時、
少しお茶を飲みながらリラックス出来る空間が欲しいとのご希望を頂きました。

むくむくはうすは、国産材で生産者が明確になっている安心安全な素材にこだわっ
ています。例えばその中の1つに FSC無垢フローリングがあります。FSC 森林認証
、トレーサビリティのとれた国産杉、檜、カラマツのフローリングです。

環境だけでなく、健康で快適に暮らせるように、有効に生活の場で、これらの木材を
利用することで、子どもにはなるべく土に触れさせたい、素足でも暖かく気持ちの
いい生活がしたいとのご希望に沿った、家づくりをご提案させていただきます。

今回床材は、木曽ヒノキ 80年生のフローリングを採用しました。ヒノキは、古来より、
法や、伊勢神宮をはじめ、重要な建造物に使われ、最高の建築材とされてきました。そ
の中でも、1年を通して気温が低く、特に冬の寒さが厳しい木曽の気候の中で、ゆっくり
と育った木曽ヒノキは年輪が細かく木目、色、艶、香りとともに最高級と言われています。
(加藤木材産業株式会社HPより抜粋)

大田区K様01.jpg 大田区K様03.jpg 大田区K様04.jpg
現在は、ビニールクロスが壁、天井に貼られています。ビニールは静電気でホコリを吸い寄せ、年数が経過しますと汚れが目立ってきます。 既存の床は、複合フローリングです。表面にシートや薄い木片を貼った床は、キズや結露で剥がれやすくなってきます。 床材は木曽ヒノキです。暖かく肌触りもよく、香りが部屋全体に充満します。机は杉無垢板で
壁に挟み込んで、スッキリ納めます。
大田区K様11.jpg 大田区K様10.jpg 大田区K様05.jpg
机の上にもう1段棚を造り、薄型のLED照明を取り付けました。窓に向かってお茶を飲める空間も確保して、リラックスできるひと時が過ごせます。 ヒノキは熱伝導率が低いため足から体温が奪われにくく、保温力も抜群です。床暖房対応できるヒノキフローリングもあります。 空間を利用して棚を造作しました。お好みの箱を選んで収納するとインテリアにもなります。棚は杉30㎜のフローリングを繋ぎ合わせ、下側にフローリング表面をもってきました。


梅雨時期に気になる湿気を考えてみよう


こんにちは。世田谷で中古住宅・団地・マンションのリノベーション、
自然素材を使った新築・注文住宅を建てるなら、
環境に正しい循環可能住宅を建てるブランド
むくむくはうす世田谷の望月です。

長かったGWが終わりましたね!
お休みがあった方も、なかった方も
これからいよいよ夏に向けて準備の期間ですね!


この季節、気になるのはじめじめする
梅雨ですよね、、、
雨が好きな方もいらっしゃいますが、
梅雨の時期は湿度調節が難しいことは
間違いありません!!

そんな湿度調節について、少しむくむくはうす®として
お役にたてる情報をと思っていますよ!

快適な湿度って?

さて、湿度調節が難しい、、
と書いたんですが、快適な湿度って
どのくらいなんでしょうか?

環境省の資料の中に、快適湿度の記載がありました。


kaiteki.JPG
資料によると、快適な湿度は50~60%が理想的とのこと。
このあたりの基準を守っていればよさそうですね。

快適湿度でないとどうなるの?

50%前後が快適湿度ということがわかりましたが、
この湿度を下回ったり、上回ったりしてしまうとどうなるんでしょうか?

●50%を大きく下回った場合
口腔内が乾いて、インフルエンザなどのウィルスが生存しやすくなります。
肌が乾燥する。


●50%を大きく上回った場合
汗が蒸散しにくくなる。
カビが生育しやすい・早い環境。
ダニが生育しやすい・早い環境。


50%前後で、こんなにも影響が出るんですね。
湿度って大切です。
梅雨の時期はやはり、外の環境に沿って、
湿度が高くなりがちですよね。
湿度の調節ってどうやればいいんでしょうか?

湿度の調節方法の一例

湿度調節方法はそれこそたくさんあるんですが、
むくむくはうす®では、住宅の環境に関して。

地球環境に正しい材料を使うことで、
"調湿作用"というものがあるので、そちらの情報をご提供しますね!!
どのくらい調湿するの?というのも材料に寄ります。
こちらの建材を使えば、調湿が100%OKかというと、
そうではありません。そのあたりも専門家に相談してみてくださいね!


●漆喰
wikipediaより
漆喰は、水酸化カルシウム・炭酸カルシウムを主成分としており、もとは「石灰」と表記されていたものであり、漆喰の字は当て字が定着したものである。

風 雨に弱い土壁そのままに比べて防水性を与えることが出来るほか、不燃素材であるため外部保護材料として、古くから城郭や寺社、商家、民家、土蔵など、木や 土で造られた内外壁の上塗り材としても用いられてきた建築素材である。面土や鬼首などの瓦止めの機能のほか、壁に使用される場合には、通常で3 - 5ミリ程度、モルタルなどへの施工の場合は10数ミリ程度の厚さが要求されている。塗料やモルタルなどに比べ乾燥時の収縮は少ないものの、柱などとの取り 合い部に隙間が生じやすいため、施工の際には留意が必要である。

主成分の水酸化カルシウムが二酸化炭素を吸収しながら硬化する、いわゆる 気硬性の素材であるため、施工後の水分乾燥以降において長い年月をかけて硬化していく素材でもある。水酸化カルシウムは硬化後、炭酸カルシウムとなるた め、当初から炭酸カルシウムを骨材として含有するものが漆喰とされる場合もあるが、一般には水酸化カルシウムが主たる固化材として機能するものに限定され ている。

近年では化学物質過敏症の原因の主たるものとされる、ホルムアルデヒドの吸着分解の機能があるものとして注目を浴びている。

顔料を混ぜない(で用いる)白い漆喰のことを、「白漆喰」という[1]。


●珪藻土
wikipediaより
珪藻土(けいそうど、diatomite、diatomaceous earth)は、藻類の一種である珪藻の殻の化石よりなる堆積物(堆積岩)である。ダイアトマイトともいう。珪藻の殻は二酸化ケイ素(SiO2)でできており、珪藻土もこれを主成分とする。

珪 藻が海や湖沼などで大量に増殖し死滅すると、その死骸は水底に沈殿する。死骸の中の有機物の部分は徐々に分解されていき、最終的には二酸化ケイ素を主成分 とする殻のみが残る。このようにしてできた珪藻の化石からなる岩石が珪藻土である。多くの場合白亜紀以降の地層から産出される。

●無垢フローリング
hatena keywordより
無垢フローリングとは、無垢の木材で作られたフローリング(床材)を言う。
無垢(むく)の木材の定義としては、集成・積層などといった木を継ぎ足す加工を施していない木そのものを指すのかもしれないが、
実際にはほとんど継ぎ足しのない、または大きなパーツを組み合わせた木材加工品も無垢と呼ばれている。
集成材・積層材も無垢と呼ばれることがある。
無垢フローリングとは、スライスや鋸挽きした板材(紙のように薄いものを含む)を重ね合わせた複層フローリングではなく、断面を見て単一の木材から出来ているものは無垢フローリングと呼ばれている。



むくむくはうす®でも、多数取り扱いをさせていただいておりますので、
詳しくはお問い合わせくださいね!

mate.JPG




↓資料請求は下記から!

seikyu01.jpg


  • 世田谷 中古住宅 マンションリノベーション