中古住宅 メールでのお問い合わせ マンションリノベーション 中古住宅 資料請求 マンションリノベーション
お問い合わせ 中古住宅電話でのお問い合わせはこちらから

健康住宅には、木材は欠かせない

  • 投稿日:2017年 4月25日
  • テーマ:

無垢の木を使った家づくりアドバイザー 望月 茂です。

木とコンクリートについて考えてみたいと思います。
健康住宅と視点に興味をもった頃、手にした本が「健康な住まいを手に入れる本」
発行コモンズという著書でした。
建築家や医師、木材専門家などによる編署で、それぞれの専門家の立場から
健康住宅について考察されています。
その中で、木材専門家の塩谷幸彦氏の考察を1部抜粋してご紹介します。

「ある環境が生命にとって快適かどうかは、発育や生存率からも判断できます。
 木材とコンクリート、金属で作った同じ大きさの箱の中でマウス(ハツカネズミ)に
 子供を産ませ、その成長を比較した実験が有名です。以下の図はマウスのこどもの生存率
(静岡大学農学部研究報告)1986年からの抜粋です。
wood_01.jpg
外の外気が30度の場合は、差がほとんどありませんが、25度になると大きな差が現れました。
生まれてから10日目での子マウスの生存率は木製が87%だったのに対し、金属製では約42%
コンクリート製ではわずか7%でした。
生育状態の違いは箱の素材だけなので、この差は箱を通して体温を奪われたためと思われます。
生き残ったマウスの発育にも差がみられました。
20日目の時点で、コンクリートと金属ゲージで育てたマウスの体重が約8gだったのに対して
木製ゲージのものは約10gに成長してました。
木の箱以外では、親のマウスによる子殺しすら起きています。床が冷たいので授乳時間が減ったことや
親のストレスが原因だと考えられます。」

木材専門家の塩谷幸彦さんの考察部分を抜粋させて頂きましたが、木造の床で過ごした場合
コンクリートの床より手や足先の体温低下が少なく、疲れ方が違うなどの実験データもあるそうです。
また木材の性質が、人の健康にどのように寄与しているか、以下のようにまとめています。

紫外線を吸収 光を乱反射する性質は⇒人の目にやさしい
自然な色合い           ⇒精神を安定させ目の疲れを減らす
適度な断熱性           ⇒体温を奪わない
芳香がある            ⇒精神安定作用

木材住宅で室内に無垢の木をふんだんに使うことは、人に癒しと健康を与えることになるのだと思います。
そんな家づくりをこれからもご提案していきます。
a2.jpg a7.jpg


無垢の木のぬくもりを生かすウッドチップ壁紙

  • 投稿日:2017年 4月24日
  • テーマ:

無垢の木を使った家づくりアドバイザー 望月 茂です。

日本で生産されている壁紙の70%~80%が塩化ビニールクロスです。
施工が比較的容易であったり、安価な価格 色柄などが豊富等の特徴が
広く業界に受け入れられクロスと言えば塩化ビニールクロスが常識になってきています。

ビニール製品には、合成樹種をやわらかくする、可塑剤が含まれています。
一般的に可塑剤には生殖毒性や発ガン性があるとも言われています。
また、ビニールクロスは燃焼焼却した場合、塩素ガスやダイオキシンのような
有毒ガスを大量に生成するため、火災時にはとても危険と言われています。
私たちがお勧めしている、壁紙の一つをご紹介します。
森の木からつくられる天然壁紙、オガファーザーNEWです。

ドイツ製オガファーザーNEW
無垢の木のぬくもりを生かすウッドチップ壁紙です。
オガファーザーは、森の木々を有効に利用してつくられる、体にやさしい天然壁紙です。
塗装用下地をそのまま使用することも可能です。何度でも塗装でメンテナンスでき、
ヨーロッパの住宅やホテルなど、あらゆる建物に180年以上前から使用されてます。
その特徴は
●お部屋をきれいにする。
 天然の木は調湿性を持ち、呼吸しているので適度な湿度ときれいな空気を保ちます。
●環境保全とコストのグッドバランス
 木の製材時の木クズと再生紙でできた壁紙ですので、資源を有効利用しています。
 塗り替え可能ですので、約20年以上そのまま使えるので、ランニングコストを抑えられます。
●安心の天然素材
 成分が木と紙だけですので、万一の時もガスが発生しません。
ougah_img01.jpg ougah_img03.jpg
ougah_img06.jpg DSC07231.jpg
ougah_img04.jpg DSC07252.jpg
DSC07254.jpg





国産の木材を使用して、元気な森林を取り戻そう

  • 投稿日:2017年 4月19日
  • テーマ:

無垢の木を使った家づくりアドバイザー 望月 茂です。

家作りを始める際、使う建材や内装 外装材を選ぶ基準として、3つの地球ルールについて
皆で勉強しながら建材選びを行います。

1つは、自然に還すことができる以上とらない。
1つは、地下資源より 地上資源を使う。
1つは、生物多様性を守る。

動植物が守っていた3つのルールを私たちも守ることが、環境に正しい家つくりにつながると思ってます。
国産材の木材を使うことも、3つのルールにつながる家づくりです。
日本の森林資源の約6割が「人工林」が占めています。
「人工林」は人の手により植栽された森林。主にスギ、ヒノキ、カラマツなどの針葉樹です。
成長したこれらの人工林の多くが木材として利用可能ですが、海外輸入量の増加や
採算が合わない林業経営によって、有効に利用されてないのが現状です。

下記の資料は林野庁業務資料の抜粋。
03_01.jpg 03_02.jpg
03_07.jpg
また、昨今地震 津波 洪水などの自然災害が私たちの身近に起きることを体験し
多くの人がその犠牲になっている現状が伝えられています。
森林は身近な存在として、親しみがもたれることと、かつその働きにも期待が寄せられています。
森林の整備が進めば、いろいろな働きで貢献できるのです。

下記の資料は、内閣府「森林と生活に関する世論調査」より抜粋。
03_09.jpg
家づくりに国産材を有効に使っていくことがとても大切になってくると思います。
DSC06195.jpg DSC06183.jpg
DSC08166.JPG
環境に正しい自然素材をしようしたココロ、カラダに優しい空間
地下資源だけでなく、地上資源を活用し自然エネルギーを確認する
また、できるだけ自然の恵みを利用できる設計プラン
季節とその土地、風土にあった住まいのご提案をしていく。

一般社団法人環境循環型住宅推進協議会に加盟しています。



前の記事 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

  • 世田谷 中古住宅 マンションリノベーション